ホーム>院長コラム

院長コラム

「ハンターキラー 潜航せよ」

邦題だけではどんな映画かわからない。但し潜水艦かな? と推測できる。ロシア国防省の長官一味のクーデターにより、ロシア大統領が拘束され、第3次世界大戦が触発されようとする。そんな時にスパイ衛星で見張っていたアメリカ軍が事情を察知して大統領を奪還すべく、特殊部隊と原子力潜水艦をロシアに向かわせる というサスペンス・アクション。映画で描かれる「正義」を感じながら政治の世界も垣間見られた。満足だった。 評価 ◎

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

ご存じマーベルコミックスのヒーローたちが集合して、宇宙の巨大な敵と戦う昨年公開されたアメリカ映画。この4月26日からその続編というか完結編が封切られる。その前の予習として改めて見た。ムーーン早く完結編が観ないなあ。 評価 ◎

「ホース・ソルジャー」

昨年公開のアメリカ映画。題名から「馬に乗っている戦士」を想像するが、果たしてその通りだった。あの「9.11」直後アメリカではその愛国心からタリバンが潜伏する拠点のアフガニスタンの山岳地帯に12名の米軍精鋭部隊を送り込んだ。その彼らの決死の活躍を描いている。実話を基にしているとか。でもやはり戦争は悲惨でいやだな。評価 〇プラス

「エイリアンVSプレデター」

2004年のアメリカ映画。かつて劇場でも自宅でも見たが、またWOWOWで放送されたので見た。どちらも怖くて見たくないのに妙に惹きつけられるキャラクターだ。その両者が地球で闘うとは! なんということか。人類は全く無力なところ(でも何とか知恵で抵抗できる)がよい。好みです。評価 ◎

「ライ麦畑の反逆児」

この題名で誰のことか解る。副題名に『一人ぼっちのサリンジャー』とある。ミステリアスなこの作家が亡くなって8年。彼の伝記を書いた本を映画化している。彼の人生はどうしてあのようになったのかが一応判る。戦争のせいかもしれないし、彼の個性・性格だったかも。ただ奥さんや子供かわいそうだったなあ。 評価 〇プラス

「ビューティフル・ボーイ」

この題名は劇中でも流れていたが、ジョン・レノンの同名曲からインスパイアされている。親にとってはいつまでも我が子は愛おしい。しかし、薬物中毒の息子はどんなことをしてもなかなか離脱できない。そのために8年間も親子で辛い時期を綴った映画。この真摯さは買う。評価 〇プラス

「ザ・シューター 極大射程」

2007年アメリカ映画。かつて見たことがあるが、再び見た。元海兵隊の狙撃手が巨大な陰謀に巻き込まれるアクション映画。騙されて暗殺事件の犯人にされた男がFBIの若手と共に、その罪を晴らすべく反撃する。うまくできた娯楽映画で、いかにもアメリカ的。面白い犯罪サスペンス。評価 ◎

「コンフィデンシャル/共助」

2017年韓国映画。北朝鮮のエリート刑事が南に逃亡した元上司たちを追って韓国に派遣され、韓国の庶民派の刑事と共に共同捜査が始まる。すべてで対照的な二人が、犯人たちの逮捕と偽アメリカドルの原板を取り返すべく、反発しながらも事件に取り組む。まあよくある話だが、新しい趣向もあり楽しめた。評価 ◎

「トラップ・ゲーム」

2018年のロシア映画。劇場未公開作品。カジノで莫大な借金を負ってしまった主人公の若者が超能力のある者を集めてチームを結成して、大儲けを企む というコンゲーム。趣向はユニークだが、内容はイマイチだった。 アントニオ・バンデラスがその父親役で参加していた。評価 〇

「ジャコメッティ 最後の肖像」

1966年に亡くなった芸術家ジャコメッティが、1964年にある男の肖像画を制作するプロセスを描いた小品。アーチストならではの無軌道ぶりに翻弄される周囲の人たちだが、妙に魅力もあって憎めない。今と違う(?)心の交流も見事だ。評価 〇プラス

ページ上部へ