院長コラム

「大脱出」

2013年のアメリカ映画。シルベスタ―・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの2大アクション俳優が共演したことで話題になった。脱獄不可能といわれた監獄を脱出するプロの危機管理組織のメンバーがS・スタローンで、彼が新たな任務を行う。そこはさらに高度なセキュリーティが設けられていた。謎の男(シュワちゃん)の助けを借りて脱獄に挑む。監獄が船で、洋上からの脱出というのがミソ。楽しめた。 評価 〇プラス

「冬時間のパリ」

2018年のフランス映画。邦題のように冬のパリを舞台に、そこに住む中年に近い二組の男女の生き方を見せている。一組は出版社で編集を担当しているアランとテレビ女優の妻セレナ。もう一組は最近私小説を書いた作家のレオナールと政治家の秘書をしている妻ヴァレリー。実はセレナとレオナールが浮気をしている。迷える男女の愛の行方を洗練された(?)会話のオンパレードでつづっていた。新しい感覚のドラマだが、ちと眠たかった。 評価 〇

「死体が消えた夜」

2018年韓国映画。題名が導入部を表している。ホラーかと思ったら、サスペンスで復讐劇でもあった。妻を開発中の新薬で毒殺した大学教授と不倫中の若い大学女子、そして不良主任刑事が絡む。その裏に隠されたこととは?! 非常に面白かった。観るべし! 評価 ◎

「インスタントファミリー」

2018年のアメリカ映画。邦題には『本当の家族見つけました』が付いている。子供に恵まれなかった白人の夫婦がスペイン系の子供を養子に迎えることからの奮闘ドラマ。最初は幼い子供を一人養子にしようと考えたが、15歳の長女を含んだ弟妹の3名を引き取りことになる。3倍大変になるが、その分楽しみも増える という人生喜劇。アメリカの養子縁組のシステムもわかって、前向きな様子がよく分かった。 評価 〇プラス

「天空の城 ラピュタ」

ご存じスタジオジブリ映画。1986年の宮崎 駿監督作品。34年前のアニメで古さを感じさせるが、内容的には凄い!の一言だ。伝説の浮島:ラピュタを巡る人間の欲と野望の下での争いを描いた痛快娯楽冒険活劇。改めて宮崎監督の発想の豊かさと人類への警鐘の気持ちを感じた。2時間を超える長さで子供向きではないが、やはり一度は見ておきたい映画だ。 評価 ◎

「希望の灯り」

2018年のドイツ映画。元受刑者が大型スーパーに勤めることから映画が始まる。その男性が主人公。孤独な彼だが、真面目な仕事ぶりで仲間もできる。訳ありの人妻とも交流ができるが、、、。寡黙で台詞が極端に少ないが、それはそれでいい味を醸し出していた。日常生活の中で普通に生きるということの難しさとその意義を静かに問っていた。評価 〇プラス

「弥生、三月 君を愛した30年」

邦画の新作。題名のように高校1年からの長い男女の関係を、ある年の3月のある日を綴った作品。1986年3月の出会いから、1988年3月の卒業、その後お互いの結婚によるブランクと再会。その間には共通の同級生サクラの墓参り、そして2011年3月の東日本大震災による被害もあった。ラストは2020年3月 50歳になった二人への生前のサクラからのテープでのメッセージ。 抒情的に流れている感が強く、優柔不断な二人に共感はできなかった。 評価 〇

 

「道」

1954年のイタリア映画の名作。アカデミー外国語映画賞を獲得したことでも有名。監督:フェデリコ・フェリーニ。内容はご存じの人も多いだろう。久しぶりにNHKBSで放送されたのを見た。今から66年も前で、その当時のイタリアの山村の風景が痛い。人も荒んでいるし、貧しい。大道芸人の生活も厳しい。しかし、その中でも光るものを感じた。それは人の純粋さやひたむきさかもしれない。評価 ◎

「美人が婚活してみたら」

2019年の邦画。題名から違和感を持つ人も期待度が高まる人もいるかもしれない。美人ながら32歳で独身のヒロインの浮ついた婚活の様子を、結婚生活で悩む友人の現実と対比させながら描いたライトコメディ。主人公の黒川芽以って美人女優なの? 友人役の臼田あさ美の方がやはり魅力ある(大いに主観が入っているが)。婚活って本当に大変だ。昔はおっせかいな仲人さん(?!)がいたのになあ。今を嘆くなかれ。 評価 〇

「ブラインド・マッサージ」

2014年中国映画。題名から風俗を思い浮かべる輩も多いと思うが、いたって真面目な社会ドラマ。中国本土でも視覚障碍者は多くいて、仕事は日本と同じあんまというかマッサージ業が主体のようだ。南京のマッサージ院を舞台に、そこで働く男女の人間模様を鮮烈なタッチで描いたヒューマンドラマ。ノンフィクションではないようだが、実際に目の不自由な人々が参加していてドキュメントを観ているようだった。 評価 〇プラス

ページ上部へ