院長コラム

「めんたいぴりり」

昨年の日本映画。題名のように「辛子めんたいこ」を製造した博多の夫婦の物語。第二次世界大戦に従軍して生き延びた男が妻と共に「辛子めんたいこ」を試行錯誤しながら完成するまでを描いている。主役は博多華丸。昭和20~30年代の福岡の様子に人情を絡めたストーリーで、福岡の全面協力が感じられた。 評価 〇

「メアリーの総て」

2017年イギリス(他の)映画。原題は”メアリー・シェリー” 。19世紀「フランケンシュタイン」を書いたイギリスの女性作家の半生の映画化。貧しいながらも学のある主人公メアリーが妻子ある詩人シェリーと駆け落ち。その後の苦難の中で処女作を生み出すまでを描いている。当時の風俗や社会環境、そして本を書くという行為が女性としていかに大変だったか ということを見せてくれた。主役のエル・ファニングもすっかり成長して立派な女優になった。 評価 〇プラス

「バッドボーイズ フォーライフ」

新作のアメリカ映画で、いま本場では大ヒットしている。黒人の二人の刑事がマイアミで活躍するアクション映画。シリーズの3作目だが、前作から17年ぶり。二人はいい年になり、一人はお爺ちゃんになって引退を考えている。そんな時に相棒が狙撃された。そこから始まる25年にわたる因縁の話。アクションは凄いし二人の会話には辛口のユーモアもあるが、いまいちストーリーが盛り上がらなかった。 評価 〇マイナス

「九月の恋と出会うまで」

昨年の邦画。松尾由美の小説をいま注目されている俳優が主演している。一風変わったラブファンタジー映画。あるマンションに引っ越した志織(川口春奈)は、エアコンの穴から危険を知らせる不思議な声を聴く。その声の主は同じマンションの向かいに住む年上の男(高橋一生)で、未来からのものだった、、、、。タイムスリップ&タイムパラドックスを科学的に考察しながらの男女の出会いとその後を描いていた。評価 〇

「ウィンチェスターハウス」

2018年の外国映画。副邦題に「アメリカで最も呪われた屋敷」とある。銃の製造販売で巨万の富を築いたウィンチェスター家が舞台。そこの老当主の女性サラはいつも屋敷の増築を行っていた。それは銃で命を落とした人々の霊を供養するためだった。ところが次第にその亡霊たちが正体を現して家族を危険にするようになる。サラの精神鑑定とその現象の追求のために屋敷を訪れた精神科医はサラと共に、その除霊のために戦う という実話を基にした映画。ホラーが苦手の私でも何とか見られたのは、、、、。評価 〇

「素敵なダイナマイトスキャンダル」

2018年の邦画。いまとなっては語り草になっている名物雑誌編集者:末井 昭氏の自己エッセイを映画化している。題名の如く実母が不倫の上でダイナマイトで心中した という強烈な体験をいつも口にしたようだ。学校を出て看板書きから雑誌の世界に入り、昭和40~50年代に大人のHな写真をふんだんに織り込んだ『写真時代』の編集長で一時代を画した。その隆盛期とその後の激動の顛末を描いている。本当にこのような人物が時代を動かしているのだろうなあ。 評価 〇

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」

新作のアメリカ映画。長い副邦題だ。オールキャストによる殺人事件(?)に端を発する推理ドラマ。裕福な老人が密室で死んでいた。容疑者は家族や親族の多く。警察と探偵がそれを調査して真実をつきとめる。紆余曲折して謎は解き明かされるが、あの探偵は名探偵だっただろうか? 評判のよい映画だが、私にはそれほどの驚きもなかった。残念。 評価 〇

「おとなの恋は、まわり道」

2018年のアメリカ映画。空港で出会った男女の物語。キアヌ・リーヴスとヴィノラ・ライダー主演。二人は初対面から反発していたが、同じ友人の結婚式に列席することを知り1台のタクシーで会場に向かう。その後もいろいろとゴタゴタに巻き込まれながら近い関係になる。邦題がそれを表している。原題は『運命が決めた結婚式』。共になかなか意味深である。たた映画はもたもたしていてイマイチの出来だった。評価 〇マイナス

「ロマンスドール」

新作の邦画。究極の愛のドラマ。主人公はラブドールの制作工場で働く青年。ある時モデルになった女性に恋をして結婚する。しかし、青年は妻に自分の職業について話してなかった。平穏な時をすぎて妻が体調不良を訴える、、、、。その後の展開はあえて書かないが、映画の冒頭である程度分かる展開になっている。この男性の心理描写を中堅の女性監督タナダユキ氏(原作小説と脚本も兼ねる)が描いているのが凄い。主役の高橋一生と蒼井 優、脇役のきたろう、ピエール瀧などが皆うまく演じていた。今年9本目ながら最高! 評価 ☆

「それだけが、僕の世界」

2018年韓国映画。幼い時に母に捨てられた男が主人公。落ちぶれた元ボクサーの彼はある時にその母と再会する。母は存在すら知らなかった弟の面倒を見ていた。弟はアスペルガー症候群で、口はうまくきけないがピアノ演奏の天才だった。母は癌を患っていて、弟を兄に託すことを願っていた、、、。家族のあり方を問う意欲作で、こんなところにも韓国映画の底力を見た気がした。 評価 〇プラス

ページ上部へ