• 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 眼科検査の流れ
  • よくある質問
  • ひらたコンタクト

ひらた眼科で一緒に健康な目を

広島市南区宇品にあります「ひらた眼科」ではドライアイ・視力回復などの一般眼科診療から、白内障検診・緑内障検診など、さまざまな眼の症状の診察を行っております。目の違和感など目のことで何かございましたら、「ひらた眼科」までご相談ください。
確かな経験と医療技術であなたの目を守ります。眼科をお探しなら広島市南区にあるひらた眼科へお越しくださいませ。

診療時間のお知らせ

 
9:00~12:30
15:00~18:00

★9:00~13:00 ※平成30年1月18日より変更
※休診日:日曜祝日

院長コラム新着

  • 2021.08.02

    「逆光」

    インディーズ系の邦画、尾道を舞台にした作品。二人の男がよくたばこを喫っているので、今の時代ではないようだ。(1970年代とのこと)この二人の大学生が夏の休暇に尾道に。二人の情愛を繊細なタッチで描いた ということだが、、、。ムーーーン。映画としては成り立っていたが、、、。評価 △

  • 2021.07.31

    「バルーン 奇蹟の脱出飛行」

    2018年のドイツ映画。題名のように東西冷戦時代の1970年代に東ドイツから西にバルーンで脱出した2家族の話。実話に基づく映画で結果はわかっていても緊張感や臨場感があった。30年以上前に同じ原作を基にアメリカでも作られている。 評価 〇プラス

  • 2021.07.30

    「CODE 8/コード8」

    2019年カナダ映画。特殊能力を持った人々が政府から管理されている近未来。母の病を治すために、その能力を悪事に使った男の悲劇。生きることの辛さを見せてくれるB級映画。「XーMEN]シリーズでも一般の理解を得られず差別を受けていたが、どうしてもそうなるのは人間の常か?  評価 〇マイナス

  • 2021.07.29

    「きっと、またあえる」

    2019年インド映画。アメリカのFOX映画会社が全世界に配給。インドの学生寮を舞台にしたハートフル・コメディ。名門大学を目指していた息子が不慮の事故で生死を彷徨っている時に、その両親はかつて自分らが大学生活をエンジョイした日々を思い出す。かつての同窓生たちもそこに駆けつけて息子の回復を願う、、、。古いパターンの映画だが妙に身に染みた。エピローグにはお約束のダンスシーンもみられた。 評価 〇

  • 2021.07.28

    「ザ・ビースト」

    2019年アメリカ映画。オスカー俳優だがいまやB級映画の雄:ニコラス・ケイジ主演。彼は密漁で猛獣を捉えて運んで売るハンター。ジャガーなどの動物を貨物船で運搬していたが、その船に凶悪犯を護送する一団もいた。その彼が檻から脱出して猛獣たちを放して船内をパニックにする、、、、。まあ想定内のストーリー。評価 〇マイナス

  • 2021.07.27

    「アップグレード」

    2019年アメリカ映画。原題も同じ。AIが管理する近未来において、人も車もその例外ではなかった。ある時企業の社長夫婦が車で帰宅中に複数の男たちに襲われ、妻が殺害される。夫は犯人たちを独自に調べているうちに、AIがすべて仕組んだことが判る というサスペンスアクション映画。B級作品としてはよくできていた。評価 〇プラス

  • 2021.07.26

    「竜とそばかすの姫」

    定評のある細田 守監督の新作アニメ作品。四国の辺鄙なところに住んでいる女子高校生が主人公。彼女が多くの人々と同様に携帯電話を使って仮想現実の世界Uに参加して、別のキャラクターとして、その歌と歌声で多くのファン(フォロアー)を獲得する。そのUの世界に邪悪な(?)竜が出現する。竜は一体何者か? 現実と仮想の世界との両方で悩む主人公とそれを助ける人々の交流が身に染みた。 評価 〇

  • 2021.07.24

    「秘密への招待状」

    2019年アメリカ映画。インドでボランティアとして貧しい子供たちのために尽力していたアメリカ女性がその資金援助のために母国に呼ばれる。そこで昔の恋人や起業家のその妻、そして20歳の娘の結婚式に呼ばれるという不可解さからの人間模様を淡々と描いてある。そしてその裏の事情を知った時に深い慈愛を感じた。名女優二人の競演が見事。広島では僅か1週間 1日1回の上映だったが、見逃さないで良かった。評価〇プラス

  • 2021.07.21

    「ディヴァイン・フューリー/使者」

    2019年韓国映画。総合格闘技のチャンピオン:ヨンフがアメリカでの試合で相手をコテンパンに倒すところから映画は始まる。その帰り右手に突然出来たアザをきっかけに悪魔退治(エクソシスト)をしてい神父と出会う。ヨンフは幼い時に神に見捨てられ父が死んだ と思っていたが、そうではなくて神父と共に韓国に根を張ってきた悪魔と戦うことになる。超自然界での抗争でCGを駆使していた。評価 〇プラス

  • 2021.07.20

    「プロミシング・ヤング・ウーマン」

    今年のアカデミー賞において5部門でノミネート、オリジナル脚本賞をゲットしたアメリカ映画。どのような内容か知らずに観たが、想像を超えた展開になって面白かった。題名は『将来を約束された前途有望な若い女性』という意味だが現実は、、、。主役のキャリー・マリガンの演技にも感服した。評価 ◎

ページ上部へ