• 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 眼科検査の流れ
  • よくある質問
  • ひらたコンタクト

ひらた眼科で一緒に健康な目を

広島市南区宇品にあります「ひらた眼科」ではドライアイ・視力回復などの一般眼科診療から、白内障検診・緑内障検診など、さまざまな眼の症状の診察を行っております。目の違和感など目のことで何かございましたら、「ひらた眼科」までご相談ください。
確かな経験と医療技術であなたの目を守ります。眼科をお探しなら広島市南区にあるひらた眼科へお越しくださいませ。

診療時間のお知らせ

 
9:00~12:30
15:00~18:00

★9:00~13:00 ※平成30年1月18日より変更
※休診日:日曜祝日

院長コラム新着

  • 2022.07.07

    「霧の旗」

    これも松本清張の小説の映画化。1977年の作品で山口百恵が主演をしている。無実を訴えながら獄死した兄。その弁護を断った弁護士(三國連太郎)に強い恨みを抱く女性の復讐劇を描いたサスペンスドラマ。百恵の芯が強くて暗い性格は出ていたが、重さ(演技)ではイマイチだった。 評価 〇

  • 2022.07.06

    「ゼロの焦点」

    これもまた松本清張のサスペンス小説の傑作の1961年の映画化。当然今となっては世相が全く違うので理解できない場面の連続かもしれないが、当時の状況を懐かしく楽しんだ。主人公の女性の推理が凄かった。評価 〇プラス

  • 2022.07.05

    「張込み」

    1958年の邦画。昨日に続いて松本清張の名作の映画化。当時だからモノクロで撮影されている。東京で強盗殺人をした犯人を彼の故郷である北九州まで二人の刑事が追いかけて先回りする。身分を隠して近くの宿屋の泊っての張込み。暑い夏の10日間をドキュメンタリータッチで追う。じっくりと撮られていて、犯人の心情にも触れていた。佳作だ。評価 〇プラス

  • 2022.07.04

    「顔」

    1957年の日本映画。松本清張の小説を始めて映画化したもの。夜行列車から転落した男が病院で死亡。過失として処理されるが、ある刑事(笠 智衆)が疑問を持ちファッション界の花形として売り出していた女性(岡田茉莉子)に辿り着く、、というサスペンス。65年も前の映画で古さは否めないが、人の行動は今とあまり変わっていないのを感じた。 評価 〇

  • 2022.07.02

    「スパイラル:ソウ オールリセット」

    2021年のアメリカ映画。かつてヒットした「ソウ」シリーズを再構築したサスペンススリラー。連続猟奇的殺人事件ジグソウを超えるサイコキラーが刑事たちをターゲットにおぞましい”ゲーム”を仕掛ける。最終の標的は主人公の正義感溢れる刑事の父親の元刑事だった! とにかく殺し方がエグかった。続編があるそうな終わり方だった。 評価 〇プラス

  • 2022.07.01

    「PLAN75」

    話題になっている邦画の新作。近未来の日本(?!)を描いている ともいえる。法律で75歳以上の老人には生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決され、施行される。①78歳の老女 ②担当する公務員の青年 ③ヘルパーとして働いていた外国人女性 の3人が三様にその制度に関わってくるのを中心に、人間の尊厳を改めてみつめている。問題定義としては凄い題材だ。評価 〇プラス

  • 2022.06.30

    「ザ・ロストシティ」

    アメリカ映画の新作。題名からしてレトロの香りがするが、果たしてその通りのアクションコメディ。スランプの女性作家が自ら書いた物語のヒーロー(に扮した売れない俳優)と共に、お宝を探して冒険する というかつてハリウッドで多く作られていたロマンチック活劇。全米でも1億ドルを超えるヒットで、それなりに楽しめた。ブラッド・ピットがサプライズ! 評価 〇

  • 2022.06.29

    「宇宙人ポール」

    2011年アメリカ=イギリス映画。宇宙オタクの二人のイギリス人がアメリカで宇宙人と遭遇するアクションコメディ。封切りの際に観て非常に面白かったが、久しぶりに見ても同様の感慨があった。従来報告されている宇宙人の造形を持ちつつブラックなユーモアを交えてのドタバタ劇だった。想定外の出来事も楽しかった。評価 ◎

  • 2022.06.28

    「ベイビー・ブローカー」

    是枝裕和監督の新作。彼以外は韓国人のスタッフ&キャストで作られていて韓国映画といえる。今年のカンヌ国際映画祭で話題になった作品。生まれたばかりの赤ちゃんを巡ってのドタバタを描いたロードムービー。といっても映画はじっくりと撮られていた。それぞれの想いや思惑が交差しながら是枝監督のテーマである『家族』の在り様を問っている。評価 〇プラス

  • 2022.06.27

    「リトル・シングス」

    2021年のアメリカ映画。原題も同じ。『小さなこと』って何? オスカー男優3人が共演した映画。猟奇殺人事件が起こり担当の捜査官(ラミ・マレック)は、かつて同様の事件を扱った保安官(デンゼル・ワシントン)に協力を求める。二人は容疑者としてある男(ジャレット・レト)を執拗にマークするが、、、。何とも後味のよくない展開で、題名は「一人の容疑者を殺しても大したことはない」というような意味合いでぞっとした。...

ページ上部へ