ホーム>院長コラム>「引っ越し大名」
院長コラム

「引っ越し大名」

江戸時代、参勤交代とは別に藩の「国替え」も頻繁に行われていた ようだ。今回は姫路(15万石)から九州・豊後の日田(7万石)に国替えを命じられた者たちの騒動を描いている時代劇喜劇。予想された展開ではあるが、コメディタッチということで気楽に観られた。ピエール瀧が普通に登場したことには驚いた。層重要な役どころではなかったが、存在感はあった。 評価 〇

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/422

ページ上部へ