ホーム>院長コラム>「来る」
院長コラム

「来る」

実にシンプルな題名だ。ホラー小説大賞を獲得した原作の映画化。とても恐ろしかった予告編に比べると、本編はオカルト要素が強いが根本的には怖くはなかった。主役級の5名の俳優を揃えて巧みに作っていた。本当の主人公はタバコばかり喫っていた岡田准一だった。まあ観て損のない映画。評価3/5 〇プラス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/193

ページ上部へ