ホーム>治療科目

治療科目

一般眼科

一般眼科

ドライアイ・眼精疲労・ものもらい・結膜炎・アレルギー・飛蚊症 など

ドライアイは近年パソコンやデータ端末の普及により悩まれる患者様が多くなってきております。涙の蒸発量の増加や、分泌の減少・質の異常によって目の表面の健康が保てなくなる病気のひとつです。
現在日本のドライアイ人口は1000万人を超えるともいわれます。
早期の受診をおすすめします。

 

白内障検査

水晶体は、黒目(ひとみ)の後方にあるもので、直径約9mm、厚さ約4mmの透明な凸レンズの形をしています。
外界からの光を網膜に焦点が合うよう集光させること(屈折)、膨らんで近くに焦点を合わせること(調節)、および網膜にとって有害な紫外線を吸収することが主な働きです。

糖尿病・高血圧症検査

緑内障検査

緑内障とは、眼圧が高いために視神経が障害されて萎縮するため、それに対応した視野が損われ、最後には視力も低下していく病気です。いったん萎縮を起こした視神経は回復せず、緑内障を放置すると失明に至ります。
よって視機能を維持するために、早期発見・早期治療が大切です。

糖尿病・高血圧症検査

血糖が高い状態が持続すると血管を傷害し網膜の小血管から出血します。
また、高血圧症でも同様に出血や血管の閉塞が起こり、これらが広範囲になると網膜が高度な低酸素状態となり、これを補うために新生血管が出現します。この新生血管は、生まれ持った健康な血管でないため、脆く出血しやすく視力低下の原因になります。

糖尿病・高血圧症検査

黄斑変性症検査

(正しくは)加齢黄斑変性症という目の病気が最近増えています。
黄斑変性症は、アメリカで失明率 No.1 の目の病気で、加齢の他に紫外線・喫煙・高脂血症などが原因とされ、日本においても近年患者数が増えています。

眼鏡・コンタクトレンズ処方

症状やライフスタイルに合わせた処方をいたします。

眼科検診・各種眼科健康相談

屈折検査 ・ 矯正視力検査 ・ 眼圧検査 ・ 細隙灯顕微鏡検査 ・ 眼底検査。必要な場合、視野検査 ・ 色覚検査 ・ 眼底カメラ検査などをご相談内容により行い、目の健康状態をチェックします。

ひらた眼科の治療科目ご紹介

当院では、一般眼科をはじめ、白内障検診・緑内障検診・小児眼科検診など様々な治療を行っております。
目に違和感などを感じた場合は、まずは一度受診をおすすめいたします。

ページ上部へ