ホーム>院長コラム>「人間失格 太宰治と3人の女たち」
院長コラム

「人間失格 太宰治と3人の女たち」

副題のとおり。作家:太宰 治が、最後の小説「人間失格」を書きあげるまでの数年間を描いた一応のフィクション。でもかなり事実に近いのかもしれない。流行作家になっていた当時の太宰には妻と2人の子どもがありながら、多くの女性と浮名を流していて、「生」と創作意欲を得ていた。その中で特に親しかった2人の女性を中心に描いている。当時の文壇の様子もうかがえた。それらが許させる時代だったということか? 音楽がユニーク。 評価 〇

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/434

ページ上部へ