ホーム>院長コラム>「ニューヨーク最高の訳あり物件」
院長コラム

「ニューヨーク最高の訳あり物件」

ドイツ映画。ニューヨークで成功している夫婦が別れることになる。NYでの一流マンションの最上階の広い部屋をその妻と前妻とが合同で持ち主となっていた。そこから起きる様々なこと。結局何とかなるようだが、そこに至るプロセスがユニークだった。原題は「(夫である)ニックのことは忘れて」。これまた意味深だ。 評価 〇プラス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/400

ページ上部へ