ホーム>院長コラム>「皇帝ペンギン ただいま」
院長コラム

「皇帝ペンギン ただいま」

2017年フランス映画。12年前のドキュメンタリー映画の続編。南極に生息する皇帝ペンギンたちが命がけで卵をふ化させて子育てをし、雛たちが海へ旅立つまでを淡々と記録している。フランス語のナレーションは少しも感情的にならずに客観的に撮っている。感情移入しにくいが、それがフランスの記録映画のスタンスだろう。評価 〇、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/393

ページ上部へ