ホーム>院長コラム>「アバウト・レイ 16歳の決断」
院長コラム

「アバウト・レイ 16歳の決断」

2015年のアメリカ映画。題名のように16歳の悩みが描かれている。外見は女性で生まれた彼が、名前も環境も変えて性転換手術に臨もうと決めたが、バツイチの母親、ならびに同居している祖母とその女性のパートナー、さらに戸籍上の父親とその弟などが絡んで様々な摩擦が生じる。でも彼レイのために皆が歩み寄る姿(変化)が素晴らしかった。評価 ◎

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/288

ページ上部へ