ホーム>院長コラム>「欲望に溺れて」
院長コラム

「欲望に溺れて」

2017年のフランス映画。監督は女優でも名が知れているメラニー・ローラン。新鋭のフォトグラファーの女性が元戦場記者の男と恋に落ちる。妊娠して出産するが、女性は夫とベイビーを残して出奔してしまう。そして届いたのは彼女の死体確認の通知だった、、、、。かつての名画「軽蔑」のように、フランス映画ならではの官能と不可解さが残る作り方だが、そこにサムシングが感じられた。 評価 〇プラス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/268

ページ上部へ