ホーム>院長コラム>「泥棒役者」
院長コラム

「泥棒役者」

2017年の日本映画。優柔不断の青年が悪い先輩にそそのかされて、ある家に泥棒に入ったことから起こるドタバタ。入った先はスランプ状態の漫画家の家だった。いわゆるシテュエーション・コメディで、前半は奇想天外で面白かったが、後半の終結が平凡すぎて残念。評価 〇プラス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/226

ページ上部へ