ホーム>院長コラム>「ソード・オブ・アサシン」
院長コラム

「ソード・オブ・アサシン」

’12年のベトナム映画。どこかで見たことのある邦題で『暗殺者の剣』というのにも違和感がある。話は古典的で、ワイヤーアクションもかつての香港活劇映画を彷彿とさせた。歴史時代劇で内容はともかくベトナム映画というのが珍しい。俳優たちは知らないが、どこか日本人にも似ている顔が多く親しみは持てた。評価2.5/5 〇

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/155

ページ上部へ