ホーム>院長コラム>「あいあい傘」
院長コラム

「あいあい傘」

いかにも邦画!の題名だ。冒頭モノクロで、ある男の幸せとその後の彷徨が映し出される。疑問はそれからのカラーの現代のシーンで徐々に明らかにされる。但し脚本も演出も冗長気味で、主役の落語家・館川談春の棒立ち演技、さらに脇役たちの騒がしさ等でやや興醒めだった。救いは原田知世の存在感だった。 評価 2/5 △

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/151

ページ上部へ