ホーム>院長コラム>邦画「コーヒーがさめないうちに」
院長コラム

邦画「コーヒーがさめないうちに」

『ファンタジー』は映画の一つのジャンルとして確立されているが、その設定に対して違和感がなければスッと物語に入っていける。がそうでない場合はノレないばかりか突っ込みたくもなる。今回は後者で私は全く泣けなかった。原作があるようだが、やはり本の世界を実写するのは難しいか?! 評価2/5 △

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirata-eyeclinic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/119

ページ上部へ